dotline.gif
スポーツフィールド植田
ルール
▼スポーツフィールド植田では独自のルールを採用している部分があります。
競技規則

フットサルのルールを知って、楽しくゲームを!

  1. ピッチ
    縦:25m~442m 横:15m~25m 
    ・ 国際試合:縦18m~20m、横38m~42m
    ・ ゴールの大きさ:高さ2m、幅3m、ポスト幅8cm

  2. ベンチ
    自陣サイドに取り、後半で交替します。

  3. ボール
    フットサル用ボール
    ・ 外周  : 64cm~62cm
    ・ 重量  : 400g~440g
      (2mの高さから落下させた時の最初のバウンドが50cm?65cm
    ・ 空気圧 : 0.4気圧~0.6気圧

  4. 競技者の数
    1チーム : 5 (GK含む) 交代要員 : 最大7名まで
    *注意事項
    1. 競技開始時、1チームは5名いなければなりません。
    2. 交代要員最大7人。退場などによって3人未満になった時、
      競技は放棄されます。
    3. 交替の数は制限されません。(何回ピッチに入ってもOK)
    4. 試合中、GKも含め交替ゾーンから自由に交替できます。ただし、
      プレー中の選手がピッチを完全に出てから交代選手が入ります。
    5. GKは他の選手(フィールドプレーヤー)とも交替は可

  5. 競技者の用具
    ・ユニフォーム・パンツ・ソックス・すね当て及びシューズ
    *シューズは体育館専用、フットサル専用
     (体育館では底が黒色や凹凸のものは避けるようにしましょう。)
    ・背番号 1~15番

  6. 主審、第2審判
    基本的に試合は、主審・第2審判によって進行される。
     *商業施設・大会に於いては、1人のケースが多いです。
     *注意事項
      主審・第2審判の判断に不一致のあった場合は主審の判断が優先される。

  7. 試合時間
    前・後半20分ずつ(プレーイングタイム)で行う。 ハーフタイムは15分以内。
    *商業施設・大会では10分位ずつ(ランニングタイム)で行うケースが多い。
    〔プレーイングタイム:ボールがピッチ外に出た時、時間は止まる
    ランニングタイム :ボールがピッチ外に出た時も時間は流れている〕

  8. タイムアウト
    各チーム、前後半各〔1回、1分間〕ずつのタイムアウトをとることができる。
    *商業施設・大会ではタイムアウト無しの場合がほとんどです。

  9. プレーの開始及び再開
    コイントスによって勝ったチームが前半に攻めるゴールを決め、他方のチームがキックオフを行う。
    *注意事項    キックオフからの直接ゴールはOK

  10. アウトオブプレー
    ボールが、ゴールライン・タッチラインを完全に超えた時。

  11. ドロップボール
    ボールが天井に当たったとき競技は停止され、当たった場所に最も近いタッチラインからボールを当てたチームの相手チームのキックインかゴールラインからのゴールクリアランスでプレーを再開します。

  12. 反則及び不正行為
    《直接フリーキック》
    反則のあった地点からフリーキックを行う。尚、相手競技者は5m離れなければならない。ペナルティーエリア内で守備側が反則を犯した場合はペナルティーキックを与える。   
    〔1〕キッキング:相手を蹴る、又は蹴ろうとする。
    〔2〕ハンド:ボールを手で意図的に扱う。
    〔3〕ショルダーチャージ:肩で相手に当たる。
    〔4〕ストライキング:相手を打つ、又は打とうとする
    〔5〕スライディングタックル:ボール保持者に対して、スライディングを行う。
       *スライディングはOK
    〔6〕ホールディング:相手を抑える
    〔7〕反スポーツ的行為:相手に唾を吐きかける等。
    《間接フリーキック》
    反則のあった地点からフリーキックを行う。尚、相手競技者は5m離れなければならない。ペナルティーエリア内で守備側が反則を犯した場合は、その地点より最も近いペナルティーエリアライン上より行う。 
    〔1〕危険な方法でプレーをする。
    〔2〕ボールをプレーしている時に意図的に相手の前進を妨げる。
    〔3〕GKがボールから手を離すのを妨げる。
    〔4〕キックイン・コーナーキック・フリーキックを4秒以内に行わなかった時。

    GKのプレーが関係する時。
    〔1〕バックパスを手で扱ったとき。
    〔2〕GKが保持していたボールを離した後、ボールがハーフウェーラインを超える前、又は相手競技者に触れるかプレーされる前に味方競技者からボールを受ける。(ゴールクリアランスも含む)
    〔3〕4秒を超えて手や足でコントロールする。(相手ハーフ内であればOK)

  13. ペナルティーキック
    GKは両ゴールポストの間のゴールライン上にいる。 PKを行う競技者はボールを前方に蹴らなければならない。

  14. キックイン
    〔1〕ボールをタッチライン上に静止させる。
    〔2〕4秒以内に蹴る。
    〔3〕軸足がタッチライン上を完全に越えてはならない。
    〔4〕守備側の競技者は5m離れなければならない。
    〔5〕直接得点することはできない。

  15. ゴールクリアランス
    〔1〕GKはこれを手で行わなければならない。
    〔2〕4秒以内に投げる。
    〔3〕ペナルティーエリア外に投げなければならない。
    〔4〕ハーフェーラインを超えても良い。
    〔5〕相手競技者はペナルティーエリア外にいなければならない。
    〔6〕直接得点することはできない。

  16. コーナーキック
    ボールの出た地点の近いコーナーアークにボールを静止させて行う。 4秒以内に蹴る。 直接得点することができる。